フジテック曲げ加工紹介♪

ブログ

いつもお世話になっております。フジテックの小原です。
今回ご紹介する製品は、お待ちかねのフジテックのホッパー曲げです!
2種類のホッパーについてお話していきます♪

寸法:304,3   外606φ×48φ×130H 
上の方を上部径といい、下の方を下部径と呼ぶんだそうです!!(初めて知りましたφ(..))
ホッパー曲げでは展開図というものが必要になり、フジテック自慢のCADで展開図を書いています。ホッパーの使用用途は、ステンレスは食品やタンクの蓋、整備関係で使用されているんだそうです!SSでも同じみたいですが、食品関係ではステンレスの物を主に使っています。
今回のホッパー曲げはどんなものに使用されるのでしょうか!

次に上部径が大きいホッパーのご紹介です!
寸法:304,3   外706φ×238φ×109H 
上部径が上のものに比べると大きいですね!
ホッパー曲げは加須工場で作られていて、プレス曲げを行います!
プレス曲げとは上から圧力をかけて一押しずつ丁寧に押し痕が付かないように調節しながら曲げていきます。綺麗な仕上がりになりました✨ 自慢のホッパー曲げですね!!

ホッパーは「コニカル」とも呼ばれているんだそうですよ!
今回は、ベテランの社員にインタビューを行いながら曲げ加工のブログを書いてみました。
とても勉強になりましたし、曲げの事に更に興味が沸いてきました!
その他にも色々な曲げ加工も承っておりますので、お問合せください♪