立春ですね

ブログ

皆さま お久しぶりでりです
加須工場の印出です
今年は暖冬で、加須は雪が積もる事もなく暦の上では春を迎えてしまいました。
それでも、インフルエンザ、コロナウイルスなど様々なウイルスが世界中で、猛威をふるっていて、私としては目に見えないものにとても恐怖を感じます。
マスクが買えず、フリマサイトでは、数十倍で出品されている等も聞こえて来ます。こんな事でいいのか?と、当社でSDGsを推奨し始めてからは特に考えてしまいます。
話は変わりますが、先日IOTの勉強にF社様を見学させていただきました。カッコいいLOGOに一見すると工場とは分からないオシャレな外観、事務所は、ドラマで見る何かの指令室の様 工場はきれいに整頓され、最先端のシステムが導入されていて、さらには従業員の方がとても気持ちの良い挨拶で出迎えてくれるという。私にはキラキラ眩しすぎる会社で、ただただ圧倒されてしまいました。
そのなかで、代表取締役のF様が仰っていた、「今は、時間で買い物をする時代になった」という言葉がとても印象的でした。見積もりも納期も短期で行わないと、お客様が逃げてしまうと云う事です。
製造の現場に居ると短納期は、よほど効率を上げなければ無駄な残業を生み単価も上げてしまい、結果、お客様の利益までも減らしてしまう悪に感じています。
ですが購入する側とすれば作業予定よりも事前にあれば安心だったり、買ったら直ぐに手元に欲しいものですよね。インターネットの普及で買ったものが翌日に届く、そんな毎日を繰り返していくうちに、そういった要求が、気づかないうちに強くなってしまっている。そんな時代なんだと思います。そこで活躍するのがIOTのシステムとなるわけですね!
あ、こんなことを書いていますが、IOTシステムの宣伝ではありません。 ただの私の感想です。気づいたらシステムを買ってたということはありませんのでご安心下さい(^_^)
話を戻しますと、なんとシステムで作業者の負荷がわかるというのだから、工程を組む方からするとやり易いの一言です!
今まで作業者の感覚で仕事のボリューム感を表していたので、仕事が多いから抑えた、でも実際はボリュームがそんなになく早く終わってしまった、または、次の日急に暇になるなんて云うこともへるというわけなんです。
実際の作業データの蓄積を反映して作業時の負荷を考慮し、工程を組む!作業負担を減らし利益を出すことができれば、お客様にも還元することまで考えられるようになるわけなんです! どうですか夢のようなシステムだと思いませんか?
興味のある方は↓のアドレスから! ※アドレスはありません(^_^;)
近い将来フジテックも導入されると思いますが、より良くなってみなさまに愛されるフジテックにしていきたいです!
それでは、長文お付き合いありがとうございました。
春はもうすぐ! たまたま冬桜という珍しそうな木を見つけました。 皆さまにもサクラが咲きますように!

コメント